SSブログ
前の10件 | -

2021年 古代エジプト展・京セラ美術館観賞

6月21日 会期が6月27日までと迫ってる京都京セラ美術館で開催されている古代エジプト展に行ってきました!


なんとか緊急事態ではなくまん延防止になったので多少の移動は良いかと。。。それでも京都まで行きますがやはり昼食だけは避けたいと思います。

京セラ美術館の外観

k1 (640x480).jpg

今回の展示物はエジプト所蔵ではなく国立ベルリン・エジプト博物館所蔵のものです

k2 (640x480).jpg

京セラ美術館は初めての来館です。エントランス等では空いてますがほぼ予約制で中に入れば凄い混雑でした。月曜日は臨時開館で他の所蔵品は見れませんがそれでも凄い人気です。PM2時のチケット事前ネット購入が正解で並ばずに入館できました。

k3 (640x480).jpg

今回の展示方法はテーマに沿った展示内容になっていたようです

k4 (640x480).jpg

前回の記事では4世紀ごろの日本の古墳でしたが、今回は紀元前のエジプト文明の発掘品。どちらが優れてるとはいいがたいですが・・・・とにかく凄いものばかりです!!

k5 (640x480).jpg

山犬の姿をしたアヌビス神像。死者をミイラ化しあの世へ導く神とか。

k6 (640x480).jpg

八百万の神の考え方は日本と同じなんだと感心する。

k7 (640x480).jpg

天空の女神ヌウトを表した装身具。直接ミイラに置かれた。

k8 (640x480).jpg

ホルス神に授乳するイシス女神の小像とオシリス神の小像

k9 (640x480).jpg

コンス神像。月の神として太陽神ラーに対する夜の存在。

k10 (640x480).jpg

セクメト女神座像。病気を治癒し人々を救済する神との事。日本でいえば薬師如来みたいな。。。

k11 (640x480).jpg

ナイルの神の像

k12 (640x480).jpg

ライオン頭の神マヘスの座像。セクメト女神の息子で大虐殺の主とされてるようです。

k13 (640x480).jpg

ハヤブサ頭のワニの小像(右)。

k14 (640x480).jpg

パステト女神座像。癒しの女神として人気があったそう。猫はどの文明でも癒しですね!

k15 (640x480).jpg


ひざまずき供物を捧げるナイルの神ハピ

k16 (640x480).jpg


アメンエムハト3世の立像

k18 (640x480).jpg

トキの姿をしたトト神

k19 (640x480).jpg

王に授乳する女神の立像

k20 (640x480).jpg

二重冠を被ったハヤブサで表されたホルス神の小像

k21 (640x480).jpg


k22 (640x480).jpg

ここで初めてツタンカーメンに関するものが出てきました。

k23 (640x480).jpg


k24 (640x480).jpg

ハトシェプスト女王スフィンクス

k25 (640x480).jpg

館内の照明柱もエジプト風にデザインされてます

k26 (640x480).jpg


k27 (640x480).jpg

館内の様子。実際はこれよりかなり暗いです

ヒヒを肩に乗せひざまずく男性の像

k28 (640x480).jpg


k29 (640x480).jpg

カルナク神殿のアメン神官ホルの方形彫像

k30 (640x480).jpg

プタハメス墓のピラメディオン

k31 (640x480).jpg

まだまだ枚挙に暇がないほど展示物があり一旦この辺りでパート2へと続きたいと思います。後半では黄金のミイラ仮面や棺等をUPしたいと思います。

nice!(43)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

2021年 垂水のパワースポット!五色塚古墳ツーリング [バイク]

5月29日 淡路島ツーリングの帰り明石海峡大橋のたもとにある五色塚古墳に寄ってみました。今回で3回目ですがこの古墳は奇麗な形の前方後円墳になっているので好きな古墳です


明石海峡大橋を渡って第二神明高速の高丸ICでおり商大筋を南下、すぐに到着。

後円側で記念写真

g1 (640x480).jpg


g2 (640x480).jpg

前方後円墳・・なぜ方が前で遺体が葬られてる円が後ろなのかよくわかりません。。。

前方後円墳と呼んでるにも関わらずどの資料も鍵穴に見えるよう円側が上になるように記載されてます。名前の通りなら180度回転させなければと思うのですが、、、

g3 (640x480).jpg

全長は194m 後円部の高さは18.8m 兵庫県で最大の前方後円墳で4世紀後半に造られたとか。

g4 (640x480).jpg

黒い石は当時のままで淡路島から運ばれてきたとの事です。

g5 (640x480).jpg


g6 (640x480).jpg


g7 (640x480).jpg

前方から後円を望む。前回行った時は後円の上部から雲が放射状にたなびいていて何がしらのパワーを感じたのですが、本日は雲一つない快晴

g8 (640x480).jpg

埴輪は結界の意味があり邪悪な物が入り込まないように並べてるとか。

g9 (640x480).jpg

前方の先は淡路島。

g10 (640x480).jpg

後円側です。埋葬者の発掘はせずそのまま残してるようです。

g11 (640x480).jpg

ここから明石海峡大橋が良く見えます

g12 (640x480).jpg


g13 (640x480).jpg


g14 (640x480).jpg


g15 (640x480).jpg


g16 (640x480).jpg

真横から見るとこのような感じ。でも海側からはこのようには見えません。

g17 (640x480).jpg

こちらはすぐ隣にある小壺古墳、円墳のようです

g18 (640x480).jpg


g19 (640x480).jpg


g20 (640x480).jpg

これらの古墳をグーグルアースで見るとこんな感じ

無題3 (640x454).jpg

宇宙空母エンタープライズにそっくり!4世紀後半に誰か上空から見たものがいるに違いないと思うのは私だけ?

グーグルアースで分かったのですがこの古墳の向いてる先には淡路島にある絵島があります

(写真はHPより拝借)

goshiki.jpg

普通に考えると権力を示すために海上からでも横長に見えるように構築すると思うのですが、国生みの神話に出てくるおのころ島(絵島)に向いてるのは何かありそうな気がします。全く見当違いかもしれませんが・・・。

これにて一連の淡路島ツーリングは終了です。最後までお付き合いして頂き有難うございました m(_ _)m

nice!(168)  コメント(46) 
共通テーマ:バイク

2021年 キジトラ猫・色鉛筆画! [色鉛筆画]

前回の猫美術館で触発されたわけではないですが、ネコを描いてみました。 子猫を描きたかったのですが良い題材が無く知り合いだった方のキジトラ猫を描くことに

猫美術館みたいに墨絵では書けないので0.5ミリのシャープペンで描いてみましたが、シャープペンだけではメリハリや深い表現が無理だと痛感!

P6100792 (640x480).jpg


次は色鉛筆で描画(ひげが難しく細い白いペンがあれば描きやすいのですが、持ち合わせがなくカッターで紙を削った為ちょっと歪に)

P6100796 (640x480).jpg

ちょっとイラスト風な仕上がりに。。。猫の目はよく見ると奇麗な色をしているとあらためて実感したしだいです。

昨年 那須どうぶつ王国にスナネコの子猫が生まれその可愛さに描きましたが、また可愛い子猫が見つかれば描きたいと思います。

タグ:キジトラ猫
nice!(152)  コメント(32) 
共通テーマ:バイク

2021年 解体される巨大むち打ち観音像!見納めツーリング [バイク]

5月29日 前回の猫美術館から解体が決定した世界平和大観音像へ移動します

地図上では跡地となっていますがまだ巨大観音像は立っています。


海を見下ろせる国道28号線沿いに観音像は立っています。

k1.jpg

いろんなニュースで取り上げられてましたが所有者が不在となり長らく閉鎖状態。像の損傷も激しく近隣への影響もあり最終的には国費での解体となりました。

k2.jpg

1977年 不動産で財を成した経営者が個人で観光誘致目的で100mの巨大観音、十重塔を建立。その後亡くなられたあと相続する者が無く最終的に国所有となる。100mの高さは当時としては世界最大。

k3.jpg

淡路に来たときはついでによく見にきましたが訪問者はゼロ。しかし本日はやはり見納めの観光客、車が数台とまっていてちょっとだけ賑わってました!

2011年に見に行った時の様子。観音像にはそんなに損傷はなかったようですが、、、

k4.jpg

2018年ごろには一部コンクリートのパネルが剝がれてます。首の下が展望台でその囲いがむち打ちのコルセットみたいに見えるので別名むち打ち観音と呼ばれてます。

k5.jpg

2019年に見に行った時はまだ門と十重塔はありました。

k6.jpg




k8.jpg

今は観音像以外は更地になってました

k9.jpg

巨大観音像の解体には2年の工期と8億円の費用が掛かるとの事です。ただ相続放棄された遺族は迷惑をかけてるとの事で淡路市に毎年ふるさと納税の形で相当額の費用を納付し続けてるとの事です(ネットニュースより)

kiyokiyoさんのブログでもUPされてましたが、個人で巨大構造物を所有する場合あとの事も考えておく必要がありそうですね!

また淡路島に行くときには解体の様子をUPしたいと思います。。。

nice!(154)  コメント(30) 
共通テーマ:バイク

2021年 淡路島・猫美術館ツーリング [バイク]

あわじ花さじきから淡路島の東浦にある中浜稔猫美術館に移動しました。


ここは道の駅東浦ターミナルパークと隣接していて、何度も来てますが猫美術館に入るのは初めてです。奥のビルのような建物がそれです。

n1 (640x480).jpg

外観は美術館と言うよりは普通のビルのようです

n2 (640x480).jpg

中浜稔画伯は1944年この地に生まれ、猫の絵で有名になり墨絵で現在も活動中です。2000年にこの美術館が開館となりました。

n3 (640x480).jpg

美術館入り口横にはこまチヨの猫神社があります。

n4 (640x480).jpg

中浜先生の創作物語でむかし天皇に可愛がられていたこまが淡路島に流された天皇を瀕死の状態で追ってみたところ既に亡くなっていた。落ち込んでいるこまに猫のチヨが勇気を与え末永く幸せに淡路で暮らしたそうな。

n5 (640x480).jpg


n6 (640x480).jpg

過去に入口までは何度も来てるのですが、初入館です。 世界で初めての猫美術館です!

n7 (640x480).jpg

この入口に掲げてある言葉がなかなか良いと思います。

n8 (640x480).jpg

検温と連絡先を記入して入館。入館者は私一人で貸し切り状態! JAF会員で若干安くなりました。係員の方に写真はOKですか?と伺ったら全体に写るような写真はOKですが1点1点の写真はご遠慮くださいとの事でした

n9 (640x480).jpg

ですので引き気味で写真を撮ります。

n10 (640x480).jpg

どの猫も墨絵で描かれていて素晴らしいです

n11 (640x480).jpg


n12 (640x480).jpg

どれもネコ目線で言葉が添えられていてほっこりとします。

n13 (640x480).jpg

こちらはネコ100選みたいな画集でこの中にきっとあなたが知ってる猫がいますとの触れ込みです。確かにどこかで見かけたような猫もいました!

n14 (640x480).jpg

墨でも緻密な毛並みの表現が出来るのですねーと感心するばかり。。。

n15 (640x480).jpg


n16 (640x480).jpg

こちらは中浜稔先生創作の猫物語の一部。淡路に流された飼い主を追ってスナメリに乗って淡路島に渡るこま。

n17 (640x480).jpg

天井からは多くの猫たちがのぞき込んでました

n18 (640x480).jpg

なんとなく24の瞳に似てる構図と思いましたが、、、題名は64の瞳でした!

n19 (640x480).jpg


n20 (640x480).jpg

猫にまつわる川柳が面白かったです。

・ネコまでも昔のネコはと言われてる

・夫より猫が大事でなぜ悪い

・どうみても誰にみせても三毛ダヌキ   ^^

n21 (640x480).jpg

私はあなたを幸せにする自信はありませんが あなたと一緒なら私が幸せになる自信があります  そうかもしれません?

n22 (640x480).jpg

ネコの墨絵ばかりでしたが結構ほっこりしました。

n23 (640x480).jpg

出口にはデザインされた猫の絵も。

n24 (640x480).jpg

毎月1回中浜先生による絵画教室が開かれてるようです。大阪にも活動拠点がありますよと教えていただきましたが、緊急事態宣言下ですので県外は行きにくいですとお答えいたしました。。。

n25 (640x480).jpg


n26 (640x480).jpg

素晴らしい絵に暫し感動。今度は色鉛筆で猫を描いてみようかと・・・すぐ触発されてしまいます。。。

次に6月に解体が始まる所有者不在の巨大観音像へと移動してみたいと思います!^^

nice!(134)  コメント(28) 
共通テーマ:バイク

2021年 金魚草の絨毯!あわじ花さじきツーリング [バイク]

前回の淡路島ニジゲンノモリの続きです。ゴジラ・アジサイの谷を見てからあわじ花さじきへと移動しました


ここは広大な敷地の中に四季折々の草花がいつでも無料で見られるのでよく立ち寄るスポットです

h1 (640x480).jpg

乗馬体験ができる施設が近くにあり、道路を馬さんが闊歩してました。これぞ1馬力の乗り物!

h2 (640x480).jpg


h3 (640x480).jpg

ここも遠めにはすいてるように見えます。

h4 (640x480).jpg

ネット情報では5月31日まではアイスランドポピーの絨毯が見れるとの事でしたが、、、

h5 (640x480).jpg

5月29日でしたが見ごろは終わりすでに刈り取られてました。。。

h6 (640x480).jpg

それでも展望デッキからの眺めは気分最高です!

h7 (640x480).jpg


h8 (640x480).jpg

アイスランドポピーに代わってキンギョソウが見ごろを迎えてました。

h9 (640x480).jpg

キンギョソウはオオバコ科キンギョソウ属の多年草の草花です(ネット情報)。比較的育てやすい花との事ですがこれだけあれば大変だと。。。

h10 (640x480).jpg

かなり広く帯状に栽培されてます

h11 (640x427).jpg


h12 (640x480).jpg


h13 (640x480).jpg

ポピーが無いので特等席はガラガラ。たいがいは写真撮影スポットで順番待ちになります。

h14 (640x480).jpg

一部では三尺バーベナが開花を迎えてました

h15 (640x480).jpg

掲示板のような満開状況は多分6月中旬以降でしょうか?

h16 (640x480).jpg

まだまだスカスカの状態でした。

h17 (640x480).jpg

7月からはクレオメやヒマワリが見ごろとなるようですがまだ栽培はされていないようです。年中何かしらの草花が無料で見れるので淡路島に寄った時はおすすめの場所です。

次に東浦にある猫美術館へ移動したいと思います。。。

nice!(124)  コメント(28) 
共通テーマ:バイク

2021年 夏川結衣さん・色鉛筆画 [色鉛筆画]

以前、阿部寛さん主演の結婚できない男の再放送がありましたが、一押しの夏川結衣さんを描こうとして下書きのまま止まってました。

その後に始まった同期のサクラ高畑充希さんに感動その後亡くなられた田村正和さんを描き、止まっていた夏川結衣さんを仕上げました。

下書きの状態

n1.jpg

仕上げ

n2 (640x480).jpg


n3 (640x480).jpg

夏川結衣さんは20数年前に青い鳥豊川悦司さんと共演されて以来のファンですが、結婚できない男での阿部寛さんとのやり取りが面白く更にファンになりました。

最終回で桑野信介(阿部寛)がロールキャベツを作るのに自宅へ早坂夏美(夏川結衣)を誘うシーンです。ギクシャクな会話でしたがハッピーエンドで終わりました。

その後のまだ結婚できない男では山本羊さんに変わりましたが、また何かのドラマで夏川結衣さんを見たいです。

nice!(136)  コメント(18) 
共通テーマ:バイク

2021年 自粛疲れの淡路島ツーリング [バイク]

5月29日 わかってましたが緊急事態宣言が延長になりました。元々在宅勤務なのでこれでは全く外出できないことになり、安全・安心なオリンピックいやツーリングを心がけて出かける事に。

心がけ

① 常にマスク。 車、特にディーゼル車の排気ガスを吸うのが嫌で大昔からツーリング中はマスク着用していたので問題なし

② 昼食無し。サラリーマン時代の悪癖で昼食を取ると睡魔に襲われるので元々ツーリングでは一切食わず。これも問題なし

③ 密になるところは避ける。これは行った時に判断

④ 県跨ぎは避ける。 今回は同じ兵庫の淡路島。

これらを心がけて淡路島にツーリング行ってきました。

各高速は比較的すいてましたが阪神高速の西宮あたりの何の変哲もない直進部で事故がありちょっとだけ渋滞。でも1時間くらいで淡路SAに到着。本当に風を受けて走るのは爽快です。

a1 (640x480).jpg

ここからの明石海峡大橋の景色はいつ見ても最高! でも反対方向の駐車場に目をやるとマイカーで大混雑。 緊急事態と言ってもこんなもの?いや私と同じで皆さん自粛疲れからの反動だろうと勝手に想像。

a2 (640x480).jpg

淡路SAを出ていつもは海岸道路を右回りに淡路島を走るのですが、時間も無いので以前ゴジラのアトラクションを見に行ったニジゲンノモリへ行ってみる事に。普通に開園してました。



a3 (640x480).jpg

ここは比較的にすいてました。まだゴジラのアトラクションは続いてるようです。

a4 (640x480).jpg

アトラクションの費用が高いのかそれとももう興味がなくなったのか・・参加者は少ないようです。このアトラクションも本来ならインバウンド等で大賑わいでしょうがコロナ禍での開催だったのでアンラッキーな気がします

a5 (640x480).jpg


a6 (640x480).jpg

森からゴジラの背中が寂しげです・・・。

a66 (640x480).jpg

その隣にはドラクエの新アトラクションが始まってました。こちらはそこそこ入場者があるようです

a7 (640x480).jpg


a8 (640x480).jpg

場内は無料なので散策してるとあじさいの谷の案内が。まだ早いかもしれませんが行ってみる事に。この公園は駐車場も数多くありますがお目当ての近くの駐車場に止めないと凄い距離を歩く事に。

a9 (640x480).jpg

あじさいの谷に到着。英語でもHydrがつくので水のイメージがあるのでしょうか?

a10 (640x480).jpg

ジブリに出てきそうな展示物?

a11 (640x480).jpg

あじさいの谷の散策道は3kmほどあり満開時には延々とあじさいが見られますが・・・まだ早かったようです。

a12 (640x480).jpg

所々咲いてる花もありパシリ!

a13 (640x480).jpg


a14 (640x480).jpg

十二単衣とか霧島の恵とか色んな名前があるのですね!

a15 (640x480).jpg


a16 (640x480).jpg


a17 (640x480).jpg

ほとんどのあじさいはまだ色づいていませんでした。

a18 (640x480).jpg

6月5日から淡路あじさい祭りが開催されるようです。その時には以下のように満開でカラフルなあじさいが散策道いっぱいに見られます  (写真はHPより拝借)

a19 (640x432).jpg


a20 (640x432).jpg


a21 (640x432).jpg

3kmの散策道に満開のあじさい、ここは隠れたあじさいの名所かもしれませんね!だいぶん来るのが早かったようですが、次にあわじ花さじきへ移動することに。(しばらくは淡路ツーリングが続きます)

nice!(147)  コメント(40) 
共通テーマ:バイク

2021年 古畑任三郎・色鉛筆画! [色鉛筆画]

皆様もすでにご存じですが4月3日に心不全で田村正和さんが亡くなられ5月18日にその報道がありました。また昭和の大スターが逝ってしまったのは残念です。

追悼番組で古畑任三郎が再放送されてますが、急遽色鉛筆で描いてみました(ちなみに男の人物画は人生初です)

P5250631 (640x480).jpg

田村さんの顔はパーツが中心に寄っているような感じ。色んな役を演じられましたが私としては好きなドラマの古畑任三郎のイメージしかありません。

ドラマでは最初に犯人に遭遇し、直感で犯人と確信しトリックやアリバイを独自の推察で解決していく警部役でした。

この世の事件はほぼ解決されたので、後は西園寺君・今泉君に任せ天国でのちょっとした事件を解決しに行かれたような気がします。。。。 

nice!(155)  コメント(52) 
共通テーマ:バイク

2021年 和歌の浦パワースポット!蓬莱岩ツーリング [バイク]

3月に紀州東照宮に行った時についでに和歌の浦パワースポットと呼ばれてる蓬莱岩に行ってみました



和歌の浦は和歌山県南西部に位置する景勝地の総称との事です。平成29年に日本遺産に認定され万葉の歌聖 山部赤人が わかの浦に 潮満ちくれば潟をなみ 芹辺をさして鶴鳴きわたる と万葉集にうたわれてます。

h1 (640x480).jpg

その景勝地の一部の海岸に降りてみます

h2 (640x480).jpg

海岸に沿った遊歩道の途中に夢の鐘がありました。カップル等が鳴らすと幸せになれるとか?当然おっさん一人なので鳴らしませんでした。。

h3 (640x480).jpg

海岸線奥に目をやると何やらアーチ状の岩が見えてきました。

h4 (640x480).jpg

これがこの辺りの観光スポットである蓬莱岩です。

海に突き出た奇岩。中国の蓬莱山は仙人が住み不老不死の霊山と呼ばれ縁起がいいとの事で、蓬莱岩もそれにあやかりパワースポットと呼ばれてるようです。

h6 (640x480).jpg

中央に波で浸食された穴がありまるでミニ円月島みたいです。

円月島は夕日と浸食穴が重なって見えることがありますが、蓬莱岩は朝日が浸食穴から昇るのが見れるそうです。

h5 (640x480).jpg

それにしても凄い地層です

h7 (640x480).jpg


h8 (640x480).jpg

反対側に回りました。こちら側は遠くまで離れないと浸食穴は見えません。

h9 (640x480).jpg

右側のてっぺんに鳥がいるのを見つけました

h10 (640x480).jpg

望遠でパシリ。名前は分かりませんがこの岩の主みたいに見えました。

h11 (640x480).jpg


風光明媚な和歌の浦とみていたのですが、蓬莱岩周辺は花火のクズ、バーベキューの跡、はたまた打ち上げられたゴミ等で和歌の浦というよりはゴミの浦という感じでした。

ただ海岸線の遊歩道は延々と整備されていて散策にはいいかもしれません。もっと海岸線を西に行くと田ノ浦漁港雑賀崎灯台などの見どころもあるようですがこれにて帰路につくことに

nice!(135)  コメント(25) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | -