So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

天然記念物の上に立つお寺・石山寺ツーリング

前回なぎさ公園の菜の花ツーリングの帰り天気が良かったので南の石山寺まで足をのばす事に。 さざなみ街道を南下し瀬田の唐橋を渡ると石山寺に到着





i1 (640x480).jpg


好天なのに参拝客はまばら。駐車場の係り員の方に聞くとやはりコロナウイルスの影響で海外の方々が少ない事のようだ。

i2 (640x480).jpg


天皇陛下御即位でご本尊の如意輪観世音菩薩の御開帳が行われるようだ

i3 (480x640).jpg


こちらは境内の三鈷の松

i4 (480x640).jpg


樹齢1200年とするとなんか規模が小さいような感じ。

i5 (640x480).jpg


重文の東大門より中へ。左右に迫力のある仁王像が鎮座してます

i6 (640x480).jpg



i7 (640x480).jpg


境内図 影で見にくいかも? とにかく石山寺は見どころが満載のようだ

i8 (640x480).jpg


くぐり岩 石山寺にもありました。他でもくぐってきましたがとりあえずここでもくぐって

i9 (640x480).jpg



i10 (640x480).jpg


石山寺の名前の由来となった岩の前に到着。

i11 (640x480).jpg


本来は大理石になるはずが熱作用により硅灰石に変質したものとの事

i12 (640x480).jpg


本堂

i13 (640x480).jpg



i14 (640x480).jpg


こちらは経蔵。書物を保管する書庫で校倉造になっています。

i15 (640x480).jpg



i16 (640x480).jpg


ただ足元は高さの違う基礎石にのっているだけでよくも長年建ってるものだと感心するばかり

i17 (640x480).jpg



i18 (640x480).jpg


日本最古の多宝塔(国宝)。屋根の曲線が美しい

i19 (640x480).jpg



i20 (640x480).jpg


芭蕉庵と月見亭。高台で瀬田川を見下ろせるし、月見には最高の場所かもしれません。

i21 (640x480).jpg


石積庭

i22 (640x480).jpg


下へ降ります。階段の形状がよかったので思わずパシリ。

i23 (640x480).jpg


石山寺にもゆるキャラ?

i24 (640x480).jpg


石山貝塚のモニュメントが。そろばんかと思いましたがシジミでした。昭和15年に発見されたとの事

i25 (480x640).jpg


天然記念物の硅灰石の見せ方をもっと工夫すべきかな?と思いました


石山寺、、大津では有名なお寺ですがこんないい天気でこんなにガラガラで参拝できるとは。。。やはり早くコロナウイルスが収束する事を願うばかりです。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

2020年 圧巻!都会の梅林 大阪城梅林見頃散策

2月15日 梅田のカワチに画材を買いに行ったついでに大阪城まで足をのばすことに。昨日のニュースで大阪城公園の梅林が見頃を迎えたとのニュースで電車でGO!


JR大阪駅からJR大阪城公園でおりすぐに大阪城公園へ




明日からしばらくは天気が悪そうなので、本日は曇天ですが行ってみる事に。


o1 (640x480).jpg


青屋門から入城し内堀を超えると梅林があります


o2 (640x480).jpg



o3 (640x480).jpg


門の近くで猛禽類仲間の方々が自慢の鳥を披露してました。カラス除けかと思いましたが単なる寄り合いでした。

o4 (640x480).jpg


梅林に到着。やはりここも中国の方々の来場者は少ないようです。

o5 (640x480).jpg


梅のほのかな香りが漂ってます。 恒例の大阪城をバックにパシリ!

o6 (640x480).jpg


この梅林は大阪の北野高校の卒業生が開校100周年事業として22品種880本を大阪市に寄付した事が始まりとの事。今では100品種1270本まで増えてます

o7 (640x480).jpg



o8 (640x480).jpg


梅林の中にはローソンもあり派手さを抑えた設えになってます。

o9 (640x480).jpg



o10 (640x480).jpg


曇天の灰色バックでは白い花がわかりにくいです。。

o11 (640x480).jpg



o12 (640x480).jpg



o13 (640x480).jpg


メジロの大群が飛んできたときにはびっくりしました。

o14 (640x480).jpg


梅林内をある品種を見つけるためにかなり歩き回りましたがやっと見つけました!昨日のニュースでも取り上げられていた思いのままと命名された梅の木です。

o15 (480x640).jpg


ふつうは白い花の品種と赤い花の品種があるそうですが思いのままは両方の花が咲きます。(咲き分けという)

o16 (480x640).jpg


しかも枝が左右に分かれて一方の枝には白い花、もう一方は赤い花が咲くそうです。またそれ以外にも花びらの中でも紅白が入り混じることもあるそうです(絞りと言うそうです)これはニュースでもやってましたが見つけられませんでした


実際はこのような花びらになるとの事です。実に珍しいです(HPより拝借)

11_1 (640x480).jpg



人工的なコントロールが出来ず思いのまま育ってるのでそうしたネーミングだそうです

o17 (640x480).jpg


白い花の枝に1か所赤い花が咲いてます。1270本のうち思いのままは2~3本しかなく見つけるのが大変です。

この木の周りで観光ボランティアの方が熱心に説明されてましたが、本来は大阪城天守閣の説明要員で皆さん昨日のニュースで知り、木の場所を教えてくださいとの相談殺到で困っていたようでした

o18 (640x480).jpg


コスプレでビデオを撮影されてる方もいました。若い方々はインスタUPの為、人前でも変顔したり踊ったりと思い々に楽しまれてるようです。

o19 (640x480).jpg


公園内をこんな列車も走ってました。

o20 (640x480).jpg


最初に青屋門に入る時に落ち葉の集め方が気になってましたので高台から眺めるとなんと2020オリンピックマークになってました。

o21 (640x480).jpg


アイスチューリップから菜の花と3回にわたり花シリーズでしたが、さすがにどこも観光客が少ないようです。超混雑も嫌ですが早くコロナが収束して賑やかに戻ってもらいたいものですね。




nice!(36)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

2020年 琵琶湖なぎさ公園・菜の花ツーリング

2月11日 琵琶湖大橋の近くにあるなぎさ公園で、早咲きの菜の花が見ごろを迎えてるとの情報を得てバイクを駆り出すことに。数日前から行きたかったのだがさすがに琵琶湖周辺では凍結情報が出ていて、本日のウソみたいなポカポカ陽気は絶好のチャンス!




名神高速尼崎から京都東でおり琵琶湖の湖西道路の小野で右折して琵琶湖大橋へ。手前の道の駅びわ湖大橋米プラザでトイレ休憩。


外国語が飛び交う事もなく何かしら空いてるような気がする。コロナウイルスの影響が出てるかも?


b1 (640x480).jpg


比叡山はすっかり雪景色でなかなかいい感じ!

b2 (640x480).jpg




b5 (640x480).jpg



b3 (640x480).jpg


琵琶湖大橋も久しぶり! ここもようやくETCが設置され渡りやすくなりました。

b4 (640x480).jpg


大橋をわたり左折するとすぐになぎさ公園に到着


b6 (640x480).jpg


1995年から守山市の委託を受けてシルバー人材センターの方々が初夏はひまわり、秋冬は菜の花(カンザキハナナ)を植えてるそうです。一切無料の上さらにシルバーの方々が交通誘導までしてました!

b9 (640x480).jpg



b10 (640x480).jpg


菜の花だけでしたら他にもあると思いますが、雪景色の比叡山が一緒に見れるとの事でなぎさ公園の人気が上昇してるようです

b11 (640x480).jpg


比叡山と琵琶湖と菜の花のコラボ。

b12 (640x480).jpg


あまり長居しても・・という事で琵琶湖の東側の湖岸道路(さざなみ街道)を南下、道の駅草津でコーヒータイム。

b13 (640x480).jpg


多くのライダーが来てましたがこのサイドカーで中年のご夫婦が来てからはこのバイクに皆さん集まってバイク談義が始まりました。


なんと125ccのホンダのバイクにボブスレーの車体を改造してサイドカー仕様に変更したようです。ナンバープレートはピンクではなく白色、これで3人乗りで高速道路もOKだとか。凄い方もいらっしゃるようで感心するばかり。。。


b14 (640x480).jpg


最近は寒さで外出も億劫となり記事UPの間隔があいてしまいますが、出ればまた新たな発見もありやはり面白いですね!

nice!(42)  コメント(17) 
共通テーマ:バイク

2020年 アイスチューリップと太陽の塔!初ツーリングはEXPO70´

1月19日 今年初めてのツーリングは、万博記念公園太陽の塔広場でアイスチューリップが見ごろとの事でバッテリーあがりが心配なバイクを駆り出すことに。




新御堂筋を北上しほどなく万博公園に到着。今回はモノレールの公園東口のパーキングに駐車

b1 (640x480).jpg


万博はこのブログ2回目です。前回は当時のパビリオンの模型を紹介しましたが今回は太陽の塔をメインで。


全く懐かしいです。この桜のマークは万博の記念切手を集めてましたので本当に懐かしい!

b2 (480x640).jpg


公園内のマップ。やはり広大でした

b3 (640x480).jpg


公園外周道路を渡る陸橋も当時の面影が残ってます

b4 (640x480).jpg


目指す太陽の塔に着きました。お祭り広場で自動車の展示をしてるようでそちらの方が賑わってました

b5 (480x640).jpg


塔の前面は太陽の広場と呼ばれアイスチューリップが開花してました。

b6 (640x480).jpg


アイスチューリップは特殊な栽培管理技術で開花時期を調整し、真冬に楽しむことができるそうです。寒い冬の間は開花から約1ヶ月程度花を楽しめるとの事で1万株が開花してます

b7 (640x480).jpg


耐震補強工事も終わり予約すれば内部に入ることが出来ます。子供のころは太陽の塔には入った事が無く今度は予約を入れて入ってみたいと思います。

b8 (640x480).jpg


下から見るとかなりの迫力。高さは70m

b9 (480x640).jpg


現在を表す太陽の顔 ピカソの絵のように見えます。赤いラインはウルトラマンのよう。

b10 (640x480).jpg


黄金の顔。松田優作さんの蘇る金狼を思い出します。万博開催中に男が目のあたりで籠城し、夜間の目からの光線が発光出来なかった事件を覚えてます。

b11 (640x480).jpg


裏面です。過去を表す黒い太陽

b12 (640x480).jpg



b13 (640x480).jpg



b14 (640x480).jpg



b15 (640x480).jpg


他のパビリオン同様に撤去の運命でしたが永久保存になったようです。

b16 (480x640).jpg


当時の賑やかな様子(万博のHPより拝借)

theme-1.jpg


こちらは夢の池。当時は斬新な噴水で驚きましたが、今では噴水も作動してません。かわりに足漕ぎのスワンボートが賑わってました。

b17 (640x480).jpg


当時の噴水の説明板

b18 (640x480).jpg



b19 (640x480).jpg


池のスワンボート。偶然くちばしどうしでハートマークになってましたのでパシリ!

b20 (640x480).jpg


なぜか50年後に一気にタイムスリップした感を覚えました!


子供のころ万博に行った回数を競っていてどのパビリオンに入ったか自慢げに話してましたが、今それらは一切残っていません。入ったことのない太陽の塔が残ったという事はこれからゆっくりとEXPO70の完結を目指したいと思います。。。


nice!(50)  コメント(18) 
共通テーマ:バイク

2020年 初動・西宮神社宵々えびす

1月8日 あけましておめでとうございます。(あけ過ぎた感はありますが、、、) 

毎年初詣は西宮神社か大阪の住吉大社と決めてますが・・・どうも三が日の大量参拝者で神様は応えてくれるのだろうかと疑問に思い、今年からは落ち着いてから初詣に行くことに。


今年は西宮神社へ。でも明日からは十日戎の宵戎が始まり、また混雑するので本日行くことに。




本来ならバイクで行くのですが交通安全のお参りも兼ねるので阪神電車でGO!


n1 (640x480).jpg


西宮駅からは歩いて5分くらいで神社に到着。 途中までの歩道には明日からの十日戎の出店の段取りが始まってました。。

n2 (640x480).jpg


西宮神社はこのブログにたびたび登場します

n3 (640x480).jpg


重文の表大門。 1月10日の開門神事福男選びのスタートとなる門です

n4 (640x480).jpg



n5 (640x480).jpg


門の内側。開門神事にはこの門を素早く開けなければ選手たちが将棋倒しになりそうで関係者も大変です。


毎回言ってますが福男というより足が速い男選びですね!

n6 (640x480).jpg


参道両脇には出店の関係車両がびっしり。

n7 (640x480).jpg



n8 (640x480).jpg


拝殿です。名物の逆さ門松が飾られてます

n9 (640x480).jpg



n10 (640x480).jpg


今年のツーリングの無事と仕事がうまくいきますようにと参拝しました!。聖徳太子も10人までの話はわかるようですのでこれくらい空いてると神様も各人の願いを聞き入れてくれそう?。(でも明日からはまた大量参拝者が押しかけます)

n11 (640x480).jpg


本殿です。三連春日造(さんれんかすがづくり)というめずらしい構造で、別名「西宮造り」とも呼ばれています。

 荘厳で美しいたたずまいの本殿に祀られている御祭神は、第一殿(東)がえびす大神、第二殿(中)は天照大御神、第三殿(西)は須佐之男大神です。

n12 (640x480).jpg


本殿西側に本日奉納された招福マグロが。

n13 (640x480).jpg


既に皆さんお金をマグロに張り付けてました。お金が身に付くという事で硬貨を張り付けるようですが紙幣も見受けられます

n14 (640x480).jpg


マグロの表面にはもう硬貨の張り付く面がなさそうなので明日からの貼り付けは無理だろうなー 


とりあえず5円を張り付けておきました

n15 (640x480).jpg


早くも福蓑、熊手の縁起物が売られてました。

n16 (640x480).jpg


西宮神社は本殿とあらえびす様の両参りが定番です。勝負事に強い神様なので当然こちらも参拝しておきます。

n17 (480x640).jpg



n18 (640x480).jpg


歩道の出店も場所取りは完了してるようです。(突風で大変でした)

n19 (640x480).jpg


今年初のお守りです。500円で1年のツーリングが無事であればこんなに安い自動車保険は他にはないかなー?!

n20 (640x480).jpg


今年のツーリング先の大目的地はまだ決めてませんが、4月9日に2回目の神戸港入港となるクイーンエリザベス号は平日ですが見に行きます。


また見るだけでした絵画も今年から描画にも挑戦しようと思います


どうかこの1年も宜しくお願いします


nice!(41)  コメント(12) 
共通テーマ:バイク

奈良・クレパス画~酒船石~石舞台ツーリング

年末でバタバタしていて走りおさめもままならず、ちょうど1年前に奈良の万葉文化館にクレパス画を見に行った時の記事をUPすることに




バイク以外に絵画を見ることも好きで、クレパス画はめったに見れないのでわざわざ奈良まで遠出することに。クレパスはクレヨンとパステルの良いとこ取りをした画材で日本(サクラクレパス)が発祥との事

n1 (640x480).jpg



n2 (640x480).jpg


万葉文化館。入口にせんとくんが。

n3 (640x480).jpg


何時ものごとく日本の美術館では写真禁止なので・・・入館パンフレットに載ってる作品を写真に撮りUPすることに。よって画像は悪いですが、、、


そもそもクレヨン、クレパスは幼児用の画材のイメージがありしっかりとした絵が描けるのか疑問もありましたがすっかり覆りました!!


小磯良平画伯の婦人像。 とてもクレパスとは思えないような重厚感でした!

n5 (640x480).jpg


仲田好江さんのバラ

n6 (640x480).jpg


山本鼎の西瓜

n7 (640x480).jpg


山本鼎の江の浦風景

n8 (640x480).jpg


入江明日香さんの春の舞踏会

n9 (640x480).jpg


鴻池朋子さんのLittle Wild Things

n10 (640x480).jpg


130点ほどの作品が展示されたましたがどれも見事でとてもクレパスには見えないものばかりでした。厚く塗り重ねる事で油絵にも近い重厚な表現ができるのだと感心するばかりでした!


次にこの文化館すぐにある酒船石を見に行く事に。今回で2回目の登場です。(亀形石造物は台風でダメージを受けたらしくシートで覆われてました)

n11 (480x640).jpg


それは竹藪のなかにひっそりと鎮座してます

n12 (640x480).jpg



n13 (640x480).jpg



n14 (640x480).jpg


酒を絞る時に使うとか、油や薬を造る時に使ったとかはたまた庭園で使われたとか諸説あるらしいですが解明されてません。私見ですが溶かした金属を流し込んで金属の装飾品を造った鋳型ではないかと思ってます。(ただし高温の跡はありませんでしたが、、)


切り出した時のクサビ跡も残ってます。

n15 (640x480).jpg



n16 (480x640).jpg


もっと保存方法を検討してもよさそうですが雨ざらしです。そういえば亀石や猿石、益田岩船も雨ざらしで変に落書きとかされないように願うばかりです。

n17 (480x640).jpg



次に石舞台の方へ行って見ます。このあたりの道路は土日は二輪禁止で平日しか走れないので注意が必要です。

n18 (480x640).jpg


石舞台も2度訪れてますので今回は道路から眺める程度に。しかし道路上は車が停車出来ないようになっていてなかなか見る場所が無くタダで見れないようになっています。これが精いっぱい。

n19 (640x480).jpg


最後に棚田で有名な稲渕の棚田へ。10月くらいですと畦道に彼岸花が咲き乱れ、赤と黄色の対比で綺麗な景色が見れるのですが期間が過ぎてるようでした。

n20 (640x480).jpg



n21 (640x480).jpg



これで今年の記事UPも最後となります。1年間 訪問やnice!本当に有難う御座いました。よいお年をお迎えください。来年も宜しくお願いします。。。






nice!(37)  コメント(22) 
共通テーマ:バイク

2019年 京都巨石寺・笠置寺ツーリング

12月15日 本日は京都府相楽郡に巨石寺として名高い笠置寺へ行ってみる事に




今回は高速道を使わず国道1号線を蒲生四丁目で北上、関目あたりで国道163号線の1本道。笠置大橋を渡るとすぐに地方道325号線でいけるのだが、これが関西で有名な暗峠より酷い急こう配の道路となっていて、少し遠回りになりますがかさぎゴルフ場方面から笠置寺へ


それでもこんな狭い道路で遠めに対向車が見えたのでやり過ごす

k1 (640x480).jpg


参拝用の駐車場に到着。

k2 (640x480).jpg


本坊で入山料を支払い簡単な地図を受け取りました。あくまでも観光ではなく修行との事です。

k3 (640x480).jpg


まずは重文の十三重石塔から。ちょっとした地震で倒壊しそう。。。

k4 (480x640).jpg


正月堂に到着。 ここの絶壁に摩崖仏が彫られてます。

k5 (640x480).jpg



k6 (640x480).jpg


奈良の二月堂で行われるお水取りの第一回目はこの正月堂で執り行われたとか。

k7 (640x480).jpg


巨大な摩崖仏のようですがはっきりと見とれませんでした。

k8 (480x640).jpg


この摩崖仏は笠置寺のご本尊となっていて、デジタルパネルに調査によってわかった仏様の彫刻線が表現されてました。なんか仏像がデジタルパネルとは斬新!

k9 (640x480).jpg



k10 (640x480).jpg


さらに進みます

k11 (640x480).jpg


参道にも巨石がゴロゴロ。

k12 (640x480).jpg


巨石の間に千手窟の祠が。ここで東大寺大仏殿建立に際し、日照り続きを解消するため実忠和尚が雨乞いの儀式を行い見事に雨を降らせたとの事。

k13 (640x480).jpg



k14 (640x480).jpg


まだまだ巨石の横を進みます。この巨石にも摩崖仏が彫られてます。

k15 (480x640).jpg



k16 (640x480).jpg



k17 (480x640).jpg


つぎによくある胎内くぐり。くぐるとリセットされ新たな自分として生まれ変われるのだが、今回で3回目位?

何回生まれ変わっても同じかな~?

k18 (640x480).jpg


奥が狭まっていてスリムでないと難しいかも?

k19 (640x480).jpg


更にさらに進みます。あちこちに巨石が。いつ落ちてくるかわかりませんね!

k20 (480x640).jpg


太鼓石。結局どれか分かりませんでしたが、叩くと太鼓みたいな音がするそうです。

k21 (640x480).jpg


こういう風に巨石が落ちて新たなる潜り道を造るようです。

k22 (640x480).jpg


ここにもありました! ゆるぎ石 押してもなにしてもビクともしませんでした! ただの巨石に?

k23 (640x480).jpg


平等石。ここからの景色は最高で月見石とも呼ばれてるとか?

k24 (640x480).jpg


平等石から木津川の流れがよく見えます。

k25 (640x480).jpg


平等石に出っ張りは無く、滑り落ちると下まで落ちてしまいますので注意が必要!

k26 (640x480).jpg


巨石の迷路を更に進みます。

k27 (640x480).jpg



k28 (640x480).jpg


貝吹き岩。元弘の戦で自軍の士気を高めるために岩に上ってほら貝を吹いたとか。かなり急こう配だったので上るのはやめました。

k29 (640x480).jpg



k30 (640x480).jpg


ようやく大師堂に戻ってきました

k31 (640x480).jpg


奈良の東大寺に二月堂はあるのに正月堂が無い理由がこんなところにあったのか!?

k32 (640x480).jpg


大師堂裏にも巨石がゴロゴロ。

k33 (640x480).jpg


思った以上に巨石だらけで、東大寺と深くかかわりが有ることが分かったところで帰路に着くことに。


nice!(44)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

2019年 京都・洛西竹林公園ツーリング

12月1日 テレビで京都の洛西に竹林公園の紹介を放送していたので行ってみる事に。嵐山の竹林は有名になりすぎて連日大賑わいですがこちらはどうだろう。。。




名神高速の大山崎でおり国道171号線までは順調でしたが、途中から迷路みたいでようやく竹林公園に到着。


t1 (480x640).jpg


アクセスが非常に不便な場所で駐車場には数台の車のみ、バイクは私だけで入る前からガラガラだとわかる状況。

t2 (640x480).jpg



t3 (640x480).jpg


竹の資料館までのアプローチにはいろんな竹が。

T4 (640x480).jpg



T5 (640x480).jpg


この竹は非常に変わってます。亀甲竹と言うそうですが上部は普通に真っすぐな節になってました

T6 (640x480).jpg



T7 (640x480).jpg



T8 (640x480).jpg


資料館に入りますが入口に竹の根の部分が展示されてました

T9 (640x480).jpg


ほんの一部だと思いますが竹が強風にも負けないのは根がしっかりしてるからですね!

T10 (640x480).jpg


エジソン電球が展示されてました。1日8時間で100日も寿命があったのですね~

T11 (480x640).jpg


竹で作ったボトルホルダーがお土産として売ってました。手品みたいですがヤジロベエの原理みたいなものでしょうか? 5000円位の値段だったと思いますがちと高いような。。。

T12 (640x480).jpg


資料館を抜け敷地へ。 竹は何十年~何百年に一度花が咲くそうですが、いったん咲くと地下茎でつながってる竹は全て枯れるそうです。 こちらの竹も去年花が咲いて枯れたそうですが、かろうじて別の根が生き残ったそうです。

T13 (640x480).jpg


こちらは黄金竹で緑色にはならず育った時から黄色だそうです。

T14 (640x480).jpg


場内にはこんな橋も移築されてました。

T15 (640x480).jpg


京都御苑の北西にあったものをここに移築したとの事ですが、戦国時代にこんな小さな橋を挟んで合戦が行われたとはなんか笑ってしまいます。

T16 (640x480).jpg


場内の様子。これでも一部分です。

T17 (640x480).jpg


石仏もあるようですので行って見ます。

T18 (640x480).jpg


地下鉄工事で旧二条城跡地から発掘されたそうですが、城の城壁に使われていたそうです。信長が力を誇示するためわざと石仏を石垣に使用したとの事です。

T19 (640x480).jpg



T20 (640x480).jpg


こんな竹もありました。実験的に竹を四角い箱に通させて丸を四角に。日本人はこういうの好きですね。スイカがまさにその代表例。

T21 (480x640).jpg



T22 (640x480).jpg



T23 (640x480).jpg



T24 (480x640).jpg



T25 (640x480).jpg


まだまだ紹介しきれないほどの竹の種類が有りますがきりが無いのでこのあたりで、、、

T26 (480x640).jpg


このような感じのいい散策道が有りますがやはりアクセスがわるいのか全く人気が無いのが残念ですね!


竹の種類が豊富であることが分かったところで帰路に着くことに。


nice!(43)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

2019年 天皇ではない天皇陵・奈良不思議スポットツーリング

12月1日 奈良に不思議な場所があるとの事で行ってみる事に。最近はどこも紅葉見物で混雑してるのでひっそりと不思議な場所へ。


奈良公園から169号線を南下し暫らく行くと左手に崇道天皇陵の案内が。ちょっとわかりづらいがすぐに到着






s1 (640x480).jpg



宮内庁の案内板に崇道天皇・八嶋陵と書かれてます。崇道天皇陵(本名は早良親王)とは書かれていません。歴代天皇の名前の中に崇道天皇の名はありません(宮内庁は天皇として認めてるのかな?)


難しい歴の話になりますが、785年に藤原種継暗殺に関与したと濡れぎぬをきせられた早良親王は淡路国に配流される途中に憤死。その後天皇家に災いが続き、早良親王の怨霊をおさめるため崇道天皇と追称し奈良の八嶋にこの陵墓を造り遺骸を埋葬したとか。


s2 (640x480).jpg



s3 (640x480).jpg


さらに不思議なのは崇道天皇が死の間際に九つの石を投げ、落ちたところに葬ってと遺言したそうですが九つの内の八つがこの地(奈良八嶋町)に落ちて陵が作られたとの事。

s4 (640x480).jpg


その天皇陵の前の道路には邪魔でしかならない八つの巨石群が撤去されずに鎮座してます。

s5 (640x480).jpg



s6 (640x480).jpg


これを移動させると工事関係者に祟りが有るとの事で道を広げて迂回してるようです。(これに似た事が西宮の六甲山への途中の夫婦岩も)

s7 (640x480).jpg


お花と賽銭がおかれてました。

s8 (640x480).jpg


昔の人はこんな巨石が投げられるくらい力持ちだったんだ!と感心するばかりですが、この巨石群は古墳時代に築造された石室の一部らしく崇道天皇とは関係ないとの事。


石を投げて落ちたところに・・・は後の人々が作った噂だと思いますがそれが時とともに真実となり伝説となり歴史となるところが面白いですね。。。と感心しつつ帰路へ着くことに


nice!(43)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

2019年 樹齢3000年!奈良最強・玉置神社ツーリング

11月30日 しばらく仕事が忙しくブログUPがおざなりになってましたが、本日は奈良の最強パワースポットと言われる玉置神社へ行ってみる事に。


何やら最強のパワースポットらしく、お呼びではない方はたどり着けないとの噂も?・・・そんな事はあるまいと勇んで出発しましたが、、、


阪神高速湾岸線で堺市の大浜でおり国道371~国道168でほぼ1本道で絶対に間違うはずはないルートを選択。ところが阪神高速で走行車線を走行中黒塗りのワゴン車にバックミラーが接触するような追い抜きをかけられヒヤッとする場面が!(災難1回目)


追いかけようにも非力なGSRでは・・・冷静さを取り戻しひたすら走り続ける事に。


十津川村に到着。谷瀬の吊橋が有名ですが今回はスルーして先を急ぐことに



tm1 (640x480).jpg



tm2 (640x480).jpg



ところが国道168を順調に走行してるとなんと和歌山に突入。先の看板の瀞峡近くまで間違って進んでしまった!?(災難2回目)


引き返しで90分くらいのロス。 このわかりやすい玉置山の看板を左に曲がるのだが何で見過ごしたのか全く不明。 う~ん これは神様に呼ばれていないのだな?と言い聞かせつつ神社へ。

tm3 (480x640).jpg



tm4 (640x480).jpg


橋を渡るとあとは1本道なので今度は大丈夫だろう。。。

tm5 (640x480).jpg



tm6 (640x480).jpg


ようやく駐車場に到着。9時に出発したのに13時半、4時間半もかかってしまったがここからは歩きなのでもう大丈夫

tm7 (640x480).jpg


玉置神社参道口。ここも世界遺産に登録されtるようだ。

tm8 (640x480).jpg


本殿までの長い参道には相当な樹齢の杉木立がぞろぞろと林立。

tm9 (480x640).jpg


玉置山は海底火山の噴火等で隆起した地形らしい

tm10 (640x480).jpg



tm11 (640x480).jpg


アップダウンのある参道を選択して進むことに

tm12 (640x480).jpg



tm13 (640x480).jpg



tm14 (640x480).jpg


ようやく本殿に到着。雨上がりはこの光景が神秘的に見えるとのことですが快晴では普通の神社かな?(罰があたるかもしれませんのでこのあたりでやめとこう)


玉置神社は玉置山近くに鎮座し、神武天皇東征の途上として伝承されてるとの事。創立は紀元前37年祟神天皇の時に早玉神を奏祀した事が始まりだとか。

tm15 (640x480).jpg


かなり遠く交通の便もよくない神社ですが、かなりの参拝客がいらっしゃいました。

tm16 (640x480).jpg


見どころの樹齢3000年の杉の木が! 3000年前と言えば縄文時代いやそれ以前からある杉の木という事になるが、、、。このような神木は10年ぐらい経っても樹齢3000年のままだろうな~

tm17 (640x480).jpg


まずは根回り19.5mの杉の木を。根回りはどのあたりで計測するのかな?

tm18 (480x640).jpg



tm19 (640x480).jpg


樹齢3000年杉へ。夫婦杉も同じ場所にあるようです。夫婦杉のほうが根回りが大きいのでは???

tm20 (480x640).jpg


こちらが樹齢3000年の杉。神代杉と呼ばれています

tm21 (480x640).jpg


下から見上げます。それほど大木のようには見えませんでしたが3000年以上も生きていればそれこそ神が宿るかもしれません。

tm22 (480x640).jpg


再度 本殿で帰りの交通安全を祈り同じく交通安全のお守りを購入して帰宅する事に。多分今回は神様に呼ばれてなかったから早く帰れ?って事で無事にスムーズに帰宅。


nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | -