So-net無料ブログ作成

2019年 鳥人間コンテスト観戦ツーリング

7月28日 台風の余波が残る中、恒例となった琵琶湖での鳥人間コンテストを見に行く事に。降水確率40%とカッパ持参での出発


ネット情報では人力プロペラ部門は無事に開催されるとの事。




久しぶりの長距離ツーリング。名神高速の尼崎から彦根ICへ。途中菩提樹PAで水分補給。

t1 (480x640).jpg


信楽焼のタヌキと天然記念物のウツクシマツ。

t2 (640x480).jpg


彦根ICでおり彦根城を右に見ながら琵琶湖湖岸道路(さざなみ街道)を右方向へ走ると会場に到着。 普段なら彦根城自体立派なツーリング目的ですが今回はパス。


昨日(27日)の滑空部門は台風の影響で中断したとかで、今日は一転蒸し暑いくらい。

t3 (640x480).jpg


t4 (640x480).jpg


毎回止めるバイク専用駐車場。当然無料です

t5 (640x480).jpg


今回もイワタニさんが1企業でのスポンサー。会場の設営も変わり映えしません。

t6 (640x480).jpg


大会本部(ドーム状のテント)と応援席および観客席の様子。あのクレーン上のカメラマンはトイレとかどうしてるのか毎回疑問に思う。

t7 (640x480).jpg


本部側にきました。

t8 (640x480).jpg


今回のMCは東野さんからナイナイの矢部さんになったようでそれ以外に芸能人の方々が来られてるようです。でも1日暑い中拘束されるので大変です。

t9 (640x480).jpg


滝沢カレンさん?と思い望遠でパシリ。

t10 (640x480).jpg


やはり滝沢さんでした。 テレビよりもはるかに綺麗な方でした。滝沢さんは鳥人間って鳥のような人の集まりと思って仕事を受けたそうです。 テレビのまんまの面白い方ですね!

t11 (640x480).jpg


マイクを持ってるのはプロレスラーの真壁さん。他に武井壮さん、元宝塚の紫吹さん、アインシュタインの稲田さんがいました。(多分)

t12 (640x480).jpg


毎回人力プロペラ部門はスタートが早く10時半到着時にはNo10の京都大学までが終わってました。 大工大はまた見れず。。。残念

t13 (640x480).jpg


プラットフォーム上には次のチームがスタンバイ。本部側にいると巨大スピーカーの音声が聞き取りにくくどのチームなのかよくわかりません

t14 (640x480).jpg


綺麗にテイクオフ、と同時に実況中継と救護のモーターボートが一斉にスタート。

t15 (640x480).jpg


t16 (640x480).jpg


このプロペラ部門の弱点は、最近飛行距離が延びていて着水・パイロット救護・機体回収の後次のチームがフライトするので一度好記録が出るとずーっと待ちぼうけになります。


という事で会場内を散策する事に。


バードマン憧れのプラットフォームです

t17 (640x480).jpg


でも斜面上で1時間近くも待機するのも大変です。

t18 (640x480).jpg


そうこうするうちに静岡大学のチームがテイクオフ。 主翼が本体の下部にある変わった機体です。

t19 (640x480).jpg


実に綺麗なテイクオフでしたが250m超えたあたりで左の主翼が折れて落下。 写真でも折れる寸前の様子が映ってました。

t20 (640x480).jpg


距離がなかったので機体とパイロットはすぐに戻ってきましたが、なんと女性の方でした。仲間が迎えに来てましたが、かなり号泣されてたようです。機体の強度不足かもしれません。青春の1ページを垣間見たようでした。

t21 (640x480).jpg


鳥人間コンテストよりもバードマン・ラリーのほうがかっこいい!

t22 (640x480).jpg


ジャパン・インターナショナルならそのうち海外勢も参加するかもしれませんね!というより日本の強豪チームがドーバー海峡を飛んでくれたらいいな~と思います。

t23 (640x480).jpg

本日は20km以上フライトしてるチームもあったようです。


そうこうしてる内に次のフライトの準備が。

t24 (640x480).jpg


これまた綺麗なテイクオフ。

t25 (640x480).jpg


またまたボートが走り出します

t26 (640x480).jpg


見事な姿勢です

t27 (640x480).jpg


また当分は待ちぼうけになります。大会本部では巨大スクリーンで飛行機の様子が見れてるようなので時折歓声が上がりますが、観客は何が起こってるかサッパリ?


ただ期待されてた東北大チームが5000mちょっとで着水しパイロットの号泣シーンが結構長く放映されてたようです。


こちらは多分テレビ放映では映されないかもしれませんが、機体回収の様子です。発砲スチロールやビニールの一切れまで完全に回収してます。

t28 (640x480).jpg


原形をとどめてる物もあります

t29 (640x480).jpg


こういう裏方さん達の活躍も大切ですね!

t30 (640x480).jpg


翼も近くで見るとかなり長く、手際良く解体されていきます。

t31 (640x480).jpg


こんな巨大な翼も回収されました。

t32 (640x480).jpg


会場に入ると全員に配られるグッズ(と言ってもテイクオフ順のパンフと紙の団扇と何か当たる抽選券)

t33 (640x480).jpg


抽選は子供さん達が多かったので参加せず。また非常に蒸し暑く長居無用と感じ途中で会場を離れたのでどこが優勝か不明ですがそれは8月のテレビで確認を。


このパンフにあるように最初はほぼハンググライダーからの出発でした。それがどんどん改良され飛行機型になりプロペラがつくように発展。


そのうちドローンタイプが出てくるかどうかはわかりませんが、各チーム飛行時間が長くなればチーム数を減らすか出発方法を変えなければ時間が足りなくなりそうです。


今や夏の恒例行事みたいになってますが、今後の大会運営についてもどうなっていくか興味がありますね


nice!(37)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

nice! 37

コメント 6

tai-yama

イカロスみたいにロウで固めた鳥の羽で、羽ばたいて20kmとか
だったら凄いだろうな?と思ったり。ヘリ型の人力飛行機って
いずれできるようになるのかな?
by tai-yama (2019-07-29 23:13) 

tomi_tomi

tai-yamaさん

コメント有難う御座います。次は飛距離ではなく滞空時間を争う競技が出れば面白いかもしれません
by tomi_tomi (2019-07-29 23:39) 

yamatonosuke

関西在住者として鳥人間コンテストを見ると夏を感じます。
一度は生で見てみたいなぁ~
by yamatonosuke (2019-07-31 01:23) 

tomi_tomi

yamatonosukeさん

コメント有難う御座います。すっかり夏の行事となりました。テイクオフの瞬間は面白いのですがそれ以外は蒸し風呂状態です。
by tomi_tomi (2019-07-31 08:58) 

らしゅえいむ

滝沢さん、ほんとうにきれいな方ですね。
by らしゅえいむ (2019-08-21 00:58) 

tomi_tomi

らしゅえいむ さん

コメント有難う御座います。本当に綺麗な方でした。最近週刊誌で話題になってましたね。
by tomi_tomi (2019-08-21 01:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。